2006年04月21日

よく聞かれること・・・

「イランって砂漠??」

もちろん砂漠もありますが、緑たっぷりの所だってたくさんありますよ。


あと驚かれるのが四季があるということ。

砂漠のイメージが1年中暑い国を想像させるようです。

春・秋は短いもののはっきりとした四季があります。
春には綺麗な花が咲き乱れ、秋には紅葉(こうよう)を楽しみ(モミジがあるかどうかは不明)、冬は雪だって降ります雪雪が降るということはもちろんスキー場もあります。
ペルシャ湾のキーシュ島では海水浴もできます。

行ったことはありませんが、温泉だってあるんですよいい気分(温泉)

こう書いてみると日本と変わらないですねわーい(嬉しい顔)






posted by おつかれさん at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

ペルシャ料理

店 070.jpg

クフテです。

肉団子のシチューといったところでしょうか。

肉団子には野菜や豆、お米が入っています。

食べ方は
まずこの団子を別のお皿に移し、シチューだけにします。
シチューの中に小さく切ったパンを入れてシチューに浸して食べます。
後は残った団子をパンと一緒に食べます。

基本はこんな感じですが、好きなように食べてOKです。

私は肉団子だけで食べるのが好きですわーい(嬉しい顔)

団子の真ん中にゆで卵を入れる時もあります。今回は入っていません。

これも以前お店でお出ししたことがあるので食べたことがある方いらっしゃると思います。

ペルシャ料理の中でも結構好きな料理ですが、作るのに手間がかかるのであまり食べる機会がありませんもうやだ〜(悲しい顔)

今日久々に口にして改めておいし〜いと思いました。







posted by おつかれさん at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

プレゼント

店 067.jpg

イランに行った時に親戚の女の子(10代の子)がくれたもの。
女性の衣装の部分はビーズのようなもので作られていますぴかぴか(新しい)その女の子の手作りです。
すごく細かくて、綺麗に仕上がっています。
店内(部屋の方)に飾ってありますので皆様ぜひご覧くださいわーい(嬉しい顔)







posted by おつかれさん at 23:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

お菓子

店 066.jpg

イランのゴム(コム)という町の名物お菓子「ソウハン」

京都で言えば八つ橋、山梨で言えば信玄餅、広島で言えばもみじ饅頭みたいな・・・そんな存在です。

クッキーのような煎餅のようなものの上にこれでもかーっとばかりにピスタチオがまぶしてあります。

味はなんの味だろ?表現できませんがく〜(落胆した顔)
結構甘く、そして脂っこいです。

イランのお菓子は基本的にすごく甘いです。
男の人もみんな?(たぶん)甘い物好きです。

お菓子大好きな私、実はこのお菓子は苦手です。。。ふらふら
他のお菓子はみんな大好きなんですけどね。
posted by おつかれさん at 23:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

ペルシャ更紗

イランの伝統的な工芸品のひとつです。

店 059.jpg

店 061.jpg

店 062.jpg

まずは木片に模様を彫ります。そして天然染料をつけて木綿にスタンプのように押していきます。すべて手作業です。

木型、色を変えていきながら一枚の布を完成させていきます。

そして川の水で洗い、干して乾かします。えっexclamation&questionexclamation&questionなんて思いましたけど、川なんです。

日本の伝統工芸品で布地に何か模様を施すというと京繍(日本刺繍)があります。
やはり全てが手作業です。

手作業だと作り手の想いが込められているので温かみがありますね。

何でも機械化されてきている中でこういうものはいつまでも伝えていってほしいと思う今日この頃です。

posted by おつかれさん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

ペルシャ料理 IN 家

店 064.jpg

ヤティムチェです。

南仏の家庭料理とされる「ラタトュイユ」のようなものです。

玉ねぎ、じゃがいも、なす、トマトが入っているのですが水は一切入れず野菜から出た水分だけで煮込みます。
味付けも塩・コショウだけというシンプルなお料理です。

以前店でも出したことがあるので食べたことがある方もいると思います。

これは今日のお昼ご飯ということで私が作りましたわーい(嬉しい顔)

私が作れるペルシャ料理なんて2〜3品(しかも簡単な物)しかないですけどその内のひとつです。

また何か作ったら載せまするんるん







posted by おつかれさん at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

うな丼

定食のメニューの中にあるうな丼

店 018.jpg

やわらか〜く蒸してから自家製のタレをつけてふんわりと焼いています。

「串打ち3年、裂き8年、焼きは一生」という言葉通り
うなぎもただ焼けばいいっていうものでもなく、技術を必要とするわけです。

店主がなぜ焼きの技術を持っているのか・・・exclamation&question

それは
以前うなぎ料理専門店に勤めていたからexclamationですわーい(嬉しい顔)

まだ召し上がったことの無い方はぜひお試しくださいね。



















posted by おつかれさん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

きゅうりは果物?

イランの家庭ではお客様がいらしたときは紅茶、お菓子、果物などで御もてなしをします。

日本で果物を出すとき、例えばリンゴなら皮を剥いて切ってから出しますが
イランでは数種類の果物をそのまま大きなお皿に盛って、お客様に好きなものを取ってもらい自分で皮を剥いて食べてもらいます。

そのため各人に小皿と小ナイフが配られます。

リンゴやミカンなどが盛られた果物の中にきゅうり発見exclamation×2

きゅうりexclamation&questionと思いましたが、みんな普通に皮を剥いて塩をふって食べてましたがく〜(落胆した顔)

日本のきゅうりの半分くらいの長さで、もっと太っちょなイランのきゅうり。

食べてみると水分たっぷりで美味しかったですわーい(嬉しい顔)

でも何故果物と一緒にきゅうりが出てくるのかは謎です。

posted by おつかれさん at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月12日

ざくろ入荷

イラン産のざくろ入荷しました。

1個200円で販売いたします。

果物屋さんで売っているのはアメリカ産が多く、値段も1個500円くらいはするので今回はかなりお買い得だと思います。

ざくろのシーズンもそろそろ終わりです。

数に限りがありますのでお早めにどうぞ♪





posted by おつかれさん at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

オリビエサラダ

店 060.jpg

イランのサラダ、オリビエサラダ 500円

日本でいうポテトサラダのようなもので、以前紹介したきゅうりのピクルスやトマトと一緒にナン(パン)で包んで食べます。

小腹がすいたときなどにおすすめ揺れるハート 






posted by おつかれさん at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。